So-net無料ブログ作成
検索選択

Thanks to you. [そうかずほ]

あっという間に、8月が終わってしまい、
あっという間に、9月も終わろうとしています。

ずいぶん遅くなってしまいましたが、
生徒の皆様、関係者の皆様、
雪組東京宝塚劇場公演、千秋楽おめでとうございました。
そして、壮さん愛加さんを始めとする退団者の皆様、ご卒業おめでとうございました。


何をどう文字に表現したらいいのか、全然わからないままに、
また、そんな暇もないくらい、公私ともに超絶忙しすぎる8月で、
忙殺、という文字が何度頭をよぎったかわからないような状態で(笑)
ブログを更新する、気持ちも時間も余裕がありませんでした。

まぁ、かといって、今も何を書くのかよくわからないまま、こうしてキーボードの前にいるわけですが。


あ、東京千秋楽。
壮さんが何かから解放されたのが、お芝居の幕開きからわかって、
解放されたからこそ、ラストステージを楽しもう、という心持ちなのも伝わってきて、
すごく楽しい千秋楽でした。
なんか、花組2番手時代に戻ったみたいでした。
トップスターっていう重たい鎧を脱いで、いちタカラジェンヌとして、
本当に素直に舞台を楽しんでるんだろうなって、見ていてとても幸せでした。
重ちゃんとのアドリブとか、絶対振り忘れたやろ!な瞬間とか、
カテコの修羅場やら新婚やら迷子やら、いろいろ濃ゆい思い出も出来ました。

そして。
見事に涙腺が崩壊しました。笑
サヨナラショーの、Changeで。

元々大好きな曲で、今年の春、1週間ずーっと出張に出ていたときに、
2カ所目の出張先へ行く早朝の新幹線の中で、快晴の富士山を見ながら聞いていたら、
急に琴線に触れていろんなもんがこみ上げてきて、慌てた経験があるくらいの破壊力満点の歌が、
あのタイミングで歌われることも、演出も、その後の流れも全部わかっているはずなのに、
歌い始めた壮さんの声に触発されるように、涙だけが滔々とあふれてきて止まらなくて、
頭の中は空っぽで、何かの感情が心の中にあるのですが、
それが悲しみなのか寂しさなのか幸せなのかも全然わからなくて、
嗚咽をこらえるのが精一杯でした。
心が大人になってから2度目の大号泣でした。
すごい、私もこんなに泣けるんだ、とどっかで感心したくらい、泣きました(笑)
でも泣いて、というか最後に泣けてすっきりしました。

すっきりしすぎて、退団パレードを笑顔でお見送りしたあと、
山あり谷ありをともに乗り越えた壮友達と、いきなり日本酒で乾杯したりもして、
からの、DVD蘭寿とむ祭りとかしてしまいました。
そこが、壮一帆ファンクオリティです。
いいんです、これで。最後まで、らしく生きるのです。←開き直り

そのあと、9月のパーティーでは本名のえりこさんをさらしてくださったり、
東京では反省して、もとの壮一帆さんに戻ってくださったり(笑)
それに一喜一憂しながら、私は壮さんに最初から最後まで振り回されて踊らされているなぁ
と思いながら、そうやってこれからも振り回してくださればいいなぁ、とぼんやり思ってみています。

でも。
これは壮友達ともずっと言っていることなのですが、
ファンが喜ぶからって、無理して人前に立ってくれなくていい、と思っています。
壮さんが一番幸せになる道や方法で、壮さんが今幸せ!って思って生きてくれることが、
私たちファンにとっては何よりもうれしくて幸せなことなのですよね。
結婚するもよし、舞台に再び立つもよし、何か違うことをするもよし。
そしてそれに例え失敗しても(きっと毒は吐くと思うけど笑)、ずっとファンのままです。
それは大阪・東京と退団後パーティーに参加して、本当に思いました。

男役・壮一帆も好きでした。
宝塚が大好きなタカラジェンヌ・壮一帆も好きでした。
そしてわかってはいたけど、中の人・フジワラエリコさんも好きだったって、
最後にちゃんと、わかりました。

そうやって、何してても、どんなになっても、ファンだって言い続けられる人に出会えて、
幸せいっぱいもらって、愛もいっぱいもらって、勇気も希望ももらって、
ついでに涙ももらったし、嫉妬心ももらったし(笑)
今、壮さんには感謝の気持ちしかありません。


大阪のパーティーでは、何と声をかけていいかすごく悩みましたが、
東京のパーティーは、最後に絶対これを言おうって心に決めていた言葉がありました。
そしてその言葉は、他のファンの方がたも、皆さんおっしゃっていて、
ああ、やっぱり壮ファンて、みんな考えること同じなんだなぁって、それもうれしくなりました。

心から、たった一言だけ。



壮さん、ありがとうございました・・・!!!











さて。
雪組男役・壮一帆さんをお見送りするまで溺愛するブログも、壮さんとともにすこし休憩です。
私的に、仕事がかなり忙しくなりつつあり、きっと他の舞台を観劇しても、
感想をアップしたりする余裕はもうないかなと思っています。
またいつか、壮さんが充電完了したときには、ここも復活したいと期待を込めて、
ブログは開けておきます。

いろいろと荒ぶったり、騒いだり、惚気たり、お騒がせしました。
ここに書き込むことによって、気持ちが整理されて、
私の中の「対壮さん」部分をちゃんと向き合うことが出来る場所でした。

読んでくださっていた、すべての皆様に。
Thanks to you....and see you,again!!!!



タグ:壮一帆
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。