So-net無料ブログ作成

牧文四郎と壮一帆 [そうかずほ]

プレお披露目公演の初日まで、いよいよ2週間を切りましたね。
今でもまだ信じられませんが、
壮さんが楽しみにしている一番大きな羽根を見たら信じられるのかなぁ、
なんて、ぼんやり想像(というか妄想)しています。

私は人並み程度に「読書が趣味」ですが、
大変なミーちゃんハーちゃんなので、藤沢作品を手に取ったことはありませんでした。
でも今回は壮さんのおかげで、今まで手に取らなかったことを悔やむほどの
「私好み」な作家と作品に出会うことができました。(まー上から!)

おかげさまで、藤沢作品を初めて手にしてから1ヶ月の間に、
蝉しぐれを含めて5作、蝉しぐれに至っては1ヶ月のうちに2回読破するという、
人生初の快挙(?)を成し遂げました。
こんなに早く「もう一回読みたい!」と思い、
流し読みではなくきちんと2度読み通したのは初めてで、
多分、まだ何度でも読めると思います。

それは恐らく、強烈で爽やかな読後感にあるのだと思うのですが、
壮さんも何かのインタビューで言っていましたが、最後の、

「それが出来なかったことを、それがし、生涯の悔いとしております。」
(文春文庫「蝉しぐれ」p.462)

という牧文四郎の台詞が、とてつもなく味わい深く、
こういうことが言えるこの人、ものすごくかっこいい!
と小説の中の人物なのに、ほんとうに惚れ惚れしてしまいました。

でも、それよりも更に好きな一文があります。

「長い間のその辛抱は、いま報いられたと文四郎は思っている。
(中略)
不遇のどん底にいたときも、悪声を放たず、人と争わず、
身を慎んで剣と学問に精出してきたからだと文四郎は思う。」
(文春文庫「蝉しぐれ」p.352)

初めてこの文章を読んだとき、何かに触れたような気がしたのですが、
それが何かはわからないままでした。
でも、こういう風に生きたいもんだなぁ、と思い、我が身を振り返りました。

けれど2度目にこの文章にさしかかった時、
あ、これって壮一帆さんのことかも・・・と思ったのです。

この文章の後、文四郎は自分自身が政戦の最前線に巻き込まれて行くのですが、
それまでの不遇の時を乗り越え、その後に訪れた幸せなときをつくったのは、
他でもない文四郎の、抑制され鍛えられた心の賜物だったのですが、
それはそっくりそのまま、壮さんに重なるような気がしたのです。

きっと、壮さんもこんな風に思っているんじゃないかなとか、思ってみたりして。



[宝塚雪組トップスター・壮一帆 藤沢作品でトップデビュー]
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130124-00000130-san-ent

「何度もチャンスを逃して、自分じゃダメなのかなと思った」

という言葉に、涙が出ました。
その高くそびえたって、普通の精神力では乗り越えられないであろう壁を、
黙々と乗り越えた今の幸せを、ファンにも分けてくれて、
ほんとうにありがとう。
2月5日の初日を、そしてその先の壮一帆さんの八面六臂の活躍を、
心から応援し、楽しみにしています。
nice!(1)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

月ベルばら、特別出演。 [そうかずほ]

月組ベルばら、壮さん特出バージョンの初日から3公演を見て、
楽日を残して東京に戻って参りました。

忘れないうちに、ひとまず壮さんファン目線で、壮さんの話。



初日。
少なくとも私がファンになってから丸6年、
こんなに未完成な壮一帆さんを舞台で観たことがありませんでした。
というくらい、未完成でした。
登場シーンから笑顔が顔に張り付いて、セリフはかみまくり。
周囲が慣れない月組生ということもあってか、タイミングも息も微妙にずれ、
マギーアランとの殴り合いのシーンでは手がぶつかって、パチンと音が聞こえ・・・
ああ、突き指してないかなーそわそわ。
そして見せ場のまさおさんとのデュエットダンスはぶつかり稽古状態。。。ははは。。。
はぁ。
リフトに至っては、ぎっくり腰になりはしないかと心配になるほど力んでいて、
ああやっぱり「慣れる」というのは大事なんだなーと思いつつ。
手に汗握りっぱなしの3時間でした。

救いだったのは、カーテンコールでご挨拶したとき、
壮さんが「まさおくんのオスカルを愛し抜きたいと思います」と言ったのに対し、
まさおさんは「壮さんのまっすぐな瞳を独り占めしたいと思いますっ☆」
とのたまってくださり、とても暖かい気持ちになったのを覚えています。
対面しているまさおさんには伝わってたんだな、壮さんのアンドレの片鱗が・・・。

そしてそんなカーテンコール後、壮ファンから安堵のため息と、
「とりあえず無事に終わってよかった」の拍手が起こっていたのがとても印象的でした。
贔屓の新公初主演観てるみたいな感じでしたね。
そして思う。

「これ、まさか明日も観るのか・・・」



ところが。



翌日11時公演。
登場シーンから、まさおさんと優しい笑みをかわし合い、
あの私が好きな、雪組全国ツアーオスカル編の壮アンドレがそこにいたのです・・・!!
やっぱこの人、やれば出来るんだ!!すごい!!←こらこら

若いながらも包容力のある、情熱的なアンドレで、
まさおさんが「青い炎」と表現する静かなる情熱がほとばしる、そんなアンドレだった気がします。

ちなみに例のデュエットダンスも、リフトが初日に比べて力まずに低くもふわっと上がっていて、かつ、なんだか壮さんの前のめりっぷりがすごく、
「ちょっとアンドレそんなに我慢してたのっ?!」と思わず下ネタに走ってしまうほど(笑)
情熱的と言うよりも「お前はケダモノか?!(byスタン メランコリック・ジゴロ)」みたいな野性味溢れるデュエットダンスでした。
私は好きでしたよ、ああいう壮さん初めて見たのでvvv
でもあれはきっとあの状況でがむしゃらにやった結果なので、もう観られないとは思いますけど。
残念だなー。またやってほしいな。ね、壮さん。←


そして、3公演目の15時公演。


今までの壮アンドレ史上、そして壮一帆史上、
もっとも大人で、包容力と愛に溢れた、最高のアンドレがそこにいました。
あの深い愛と情熱を心の奥に秘めたアンドレを、うまく言葉で表現出来ないのが残念なほどに、壮さんのアンドレは、劇場中のすべての人の心を突き動かすような何かを持っていた気がします。

あのオスカルへの一途なオスカルへの思い(という言葉では足りませんが。。。)が、
深いところに、でもはっきりと流れているからこそ、
ジェローデルとの結婚話から毒殺、練兵場での衛兵隊とのやりとり、
そして今宵一夜からアンドレの死という、後半の濃くて、ベルばら的見せ場でもあるシーンが、形だけではなく、意味と気持ちを伴って押し寄せてきた感じがしました。

それはあの情熱的すぎるデュエットダンスにも表れていて、
野性味が取れて、ベルばららしい、そして壮さんらしいノーブルさがにじみ出ていました。
激しいけれども美しく、背中合わせに儚さが顔をのぞかせるような。


何よりも、そこに至るまでの2公演を観たからかもしれませんが、
3公演目は、本当に文句のつけようのないアンドレだったと思います。


私は壮さんの、相手役に対する「庇護欲」の出し方がすごく好きで、
それはベルばらのアンドレにつながることだなーといつも思うのですが、
今回のまさおオスカルは、その庇護欲を多いに刺激する可愛いオスカルだったように思います。
まさおさんが本来持っている健気な部分が全面に出て、
ジャルジェ家を背負って立つ6人姉妹の「末っ子長男」らしさがとても際立ち、
勇猛果敢にいばらの道を進もうとするオスカルと、
それを全力で守り抜くアンドレという構図が、美しく組み上がった感じ。

そのせいか、今宵一夜の場面では、気づけばアンドレにすがりつくオスカルに目を奪われて、そのあまりの可愛さに、アンドレに感情移入してキュンとしてしまいました。
きっと壮さんも、あの泣きながらすがりついてくるオスカルに本気で胸キュンしたんじゃないかな、と思うほど、熱く抱きしめていたのがとても印象的でした。

ちなみに壮さんの余裕と庇護欲を同時に見たな、と思ったところは、最後の馬車の場面。
初めは初々しく顔と顔の距離があったのが、3公演目にはまさおオスカルの額に頬を寄せて、
ものすごく近くで微笑みを交わし合っていた、と思ったら、
まさおオスカルの髪が乱れているのを、そっと直してあげたところでした。
その大人の余裕、今思い出してもドキドキします・・・・ぎゃーかっこいい!!(爆)
そしてまた、その後正面を向いたまさおオスカルが涙でぐちゃぐちゃになっていて、
それにも胸キュンするという。。。ベルばら堪能しましたよ、本当。


本当は、楽日の今日の2公演を観てこそ、本当の壮アンドレを語れたのかもしれません。
だからすごく観たかった、と思います。
でも私の中で頂点の壮アンドレを、しかも未完成の状態から竹のごとく変化していく様を、
この目で見ることが出来て本当によかったです。
壮さん、特出たった3日間でも手を抜かずに体当たりした姿を見せてくれて、本当にありがとう。
後日書こうと思っていますが、月組の組子にも、とてもいい影響を及ぼしたと思います。

今日の残り2公演、更に進化するのでしょうね。
いつか映像で観られる日を楽しみにしています。
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。