So-net無料ブログ作成
検索選択

足りない何か [たからづか]

今日は、ちょっと毒吐きタイムです。


先日、宙組さんを観て参りました。

結構楽しみにしていったんですよ。
雪組時代のおーきさん、結構好きだったし。
元々宙組ファンだし。
新しい宙組、すごく楽しみで。
緒月もいて、まーくんがいて、ともちんもちーちゃんもいて。
でも逆にみっちゃん、まさこ、大ちゃんやみーちゃんがいなくて。

で。

メンツは、ああ、宙組だと思うのに、
下級生や生粋の宙組っ子たちがちょっと元気なくて。
暗くて、焦燥感みたいなものが漂ってて。
あれ、宙組ってこんな殺伐とした雰囲気じゃなかったよね?
もっと動物園みたいな感じだったんだけどなーって、もう幕開きすぐくらいに思いました。

でもともちん、緒月、まーくんはすごく明るい顔してる感じがして。

なんだろう、この差。


の理由が観ていくうちに、少しわかった気がしました。


まず、根本的に作品として下級生の出番が少ない。
これは、小池センセの作品についてまわることで、今更始まったことじゃないけど。
その割に、いちくんやもんちは目立つのに、肝心の軍人さんたちが全然目立たない。

それにそもそも、作品に新鮮さがない。
太王四神記とスカピンを足して2で割ったみたいな構成で、
観たことあるなー衣裳違うだけじゃん、と何度思ったことか。

銀橋で親友が手に手を取り合って夢を語るところ
恋人たちの場面
親友を裏切るところ
親友が死ぬところ
舞台装置も新しいけど、袖の階段、太王四神記と同じですよね?
唯一いいなと思ったのは、捕虜交換のところ。だけ。

小池センセの作品は、最近まったくオリジナルではなくなって、
あくまでも演出家としての小池センセになってしまっているから、
ストーリー云々、のことを言ってもしかたないことは、百も承知です。
でも、演出や装置、構成をもっと工夫出来なかったのかしら。と思う。
これ、無理矢理2幕にしないでもよかったんじゃないの。
まぁNTTさんがスポンサードしてくださってるし、
オリジナルの公演よりもお金もかかってるでしょうから、仕方ないんでしょうけど。


さらに、ここから先は真ん中の生徒さんのことなので、
読みたくない方はスルーしてくださいm(_ _)m
でも、言い訳。
私はおーきさんも、宙組も、好きなんです。

.

続きを読む


nice!(0)  コメント(1)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

特別なステージ [そうかずほ]

幸せすぎてもったいないくらいの、壮一帆ファンにとってもスペシャルなステージを観ました。
言葉にするのももったいなくて、まず壮一帆さんに手紙を書いて、一晩寝てみました(笑)


恐らく、中日や大劇場でこれから感じるはずだった「壮一帆さんは、ついにここまで来た!」という思いを少し先取りしてしまったのかもしれません。

ディナーショーの1.5倍くらいのステージに、ギリシャ風の柱と布のセット、照明、スモーク宝塚オーケストラ。
白い変わり燕尾から始まり、
刺繍が豪華な水色のフェアリーな詰め襟コート、スタンダードジャズでは紫スーツ、ゴールドのラテン衣装にラテン羽根、スワロフスキーがたくさんついた黒燕尾。
そして薄紫のフィナーレ衣装を着て、二番手羽根ながら一番大きい羽根を背負って、フィナーレナンバーがひと段落してからみんなに迎えられて登場するあの独特の演出。

あのステージでは、確かに壮一帆さんが主演なのですが、立場はあくまでも「花組2番手男役」。
でも着ている衣装も何もかも「大劇場公演のほぼトップスター仕様」で。
トップになるってこういうことなのかも、とものすごく実感したのでした。
冗談ではなく、思い出しただけで胸が震える思いがするのです。
こんなこと、今まで経験したことがありません。すごいのです、とてつもなく。

選曲も素敵でした。
元々タカラヅカ歌は大好きなのですが(Welcome~とかグローリーとか)、
今回は壮一帆さんがタカラヅカグローリーで歌った『ハロー!タカラヅカ』の「♪ハロー!」のところを、
あの頃出来なかった崩しハロー!をやってくれたのが、大人になった感があって(笑)嬉しかったです。

あとは『Sing Sing Sing』『 C'est Magnifique 』『 Bésame mucho 』あたりは私の好みすぎて・・・死んじゃいそうでした。。
特に Bésame muchoを含むラテンナンバー特集は、振り付けもほんのりティグレ風で、ドS好きとしてはかなり盛り上がりました!(笑)
『 So in love 』はいろんな意味でドキドキしましたが(笑)全編日本語詞ver.は初めて聴いたような気がして新鮮でした。

楽しかった、と言えば『 CONGA!! 』主題歌も盛り上がりましたね!
あれでますますCONGA!!踊りたい病に・・・(笑)

その他にも、ラテン幕開きのがりんソロ!!とか(いろいろ残念だったけど頑張った!)
あきらの(なぜか)オラオラ系のジャズソロやるなちゃんにもソロがあって、
下級生もいっぱいいっぱいチャレンジ出来たショーだったのではないでしょうか。


特別凝った演出もない、聞かせるスタンダードナンバーが中心の、宝塚をあまり知らない大人たちのためのオーソドックスなショー。
でもだからこそ、ショースターではなくどちらかというと役者寄りな壮一帆さんが、一段と輝いて見えたのかもしれません。

このショーのおかげで、一段と胸を張って「壮一帆さん大好きです!」と言えるようになりました。
もはや、暑苦しすぎるサウナばりの愛ですが(笑)
どんな舞台でも、立てばどんどん進化する壮一帆さんという人が、本当に面白くてこれからもひと時も見逃せませんし、
何よりもこうして何年もしがみついてきた私たちファンを、
「好きな人がトップになるって幸せ!!」
という気持ちにさせてくれるんだろうなと思って、ものすごくワクワクしています。

背負ってるものはものすごく大荷物だと思うのですが、その広い背中にみんなを乗せて(笑)突き進んで欲しいものです。本当に!!

サンテグジュペリ千秋楽 [そうかずほ]

またしても、お久しぶりになってしまってすみません。
コメントも順次返信します。



今回の公演は、いろんな思いが溢れすぎて、“作品として”観ることが出来ないまま、千秋楽を迎えてしまいました。

壮一帆さんの異動。
みわっちの退団。

私も友人たちも、激動の渦に巻き込まれてしまったような感覚でした。


でも。
壮一帆さんは、以前と変わらずそこにいました。
変わらないどころか、進化していました。ものすごいパワーで。
しかもまぶしくてとまらないスターオーラ付きで。
みなぎる自信と前向きな責任感が内側からあふれ出てる感じ。
私は壮一帆人生17年のうちの6年間しか知らないけれど、この人がこんなに光り輝いているのは、初めて見ました。
本当に見ていて気持ちいいくらいのキラキラでした。


ムラのお茶会の最後のご挨拶で、壮一帆さんは何度も、

「主演という立場に立たせていただけるのは、ファンのみなさんがついてきて、応援してくださったからこそです。本当にありがとうございます。」

と言っていました。


そして、こうも言いました。

「でもね、しんみりしたくないんですよ。今も実は泣きそうなんですけどね。でも私のファンの方たちにはいつも笑ってて欲しいんです。」

「主演になっても、これからも変わらず、常に前に進み続けるという信念で舞台に立ち続けます。」


そして、東京千秋楽。
壮一帆さんは、蘭寿さんと共に、例のライオンとトラでおどけながら現れました。
しんみりなんて欠片もせず、目の前を楽しんでいました。
その姿に、また妙にホッとしました。
しんみり切ない笑顔なんかで出てきたら、そんなの壮一帆さんじゃない気がしていて、少しドキドキしていたのです。


いつでも飾らず、気取らず。
ファンと、そしてタカラジェンヌであり役者であるという仕事と、一番難しくて一番かっこいいスタンスで相対してくれる壮一帆さんは、本当に素敵な人だと思います。

壮一帆と自分達を信じる心を持ち続けること。
いつも笑顔で明るくいること。

今までもこれからも壮一帆ファンでいつづけるための必須条件なんでしょうね。

まぁ壮会員から賑やかさと素直さを取ったら、ものすごくつまらないし(笑)きっとそんなことはありえないですけどね。


花組での最後の東京公演は終わってしまいましたが、まだまだイベントディナーショーは、花組生と一緒。
ナイトサファリな花組生と、花組生である壮一帆さんをまだまだ楽しみたいと思います。


花組生の皆さん、千秋楽、おめでとうございました。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。